進歩はいつもセンセーショナルにやってくる

人類の歴史の中で、学問でも、技術でも、およそ新しい変化のエネルギーが胎動する「時」というのは、決ってセンセーショナルである。それだけに、旧来の秩序、或いはそれを支えている価値観から見れば、これは一種の「異物」であり、「いかがわしいもの」として映る。したがって、いろいろな反応が起り、これが同化するまでには混乱と葛藤の時期が続くのである。

その混乱や葛藤も、「モンパッサンのエスプリ」ぐらいでスマートに収拾できればよいが、少し歴史を遡ってみると、たとえばイタリアでは、地動説を主張したガリレオが宗教裁判にかけられて有罪判決を受けるとか、コペルニクスの著書が異端の書として禁じられるとか、また、フランスでは、パリの最高法院が、パリ大学の認めない学説を擁護したり、教えたりしたものは死刑に処すというような布告を出すとか、そこには政治上、宗教上の問題があったとはいえ、まさに暗い、命がけの葛藤が続いた時代もあったのである。

しかし、人類は、程度の差こそあれ、常にそういう混乱と葛藤のプロセス・・・実はこのプロセスこそ、極めて重要なことなのだが、このプロセスを経ることによって、知識や経験のストックを増やし、視野を拡大することができたのである。この視野の拡大があったからこそ、未知なる部分への挑戦を続けることができたということができる。

汝、神の意にさからうものよ、地に墜ちて屍を晒せ!

有史以来、広大なる空間に夢を馳せ、その夢の実現に挑んできた人類はご理い未知の世界から、そんな声をどれほど聞いたことだろうか。

人類がもし、その声に臆して、あらゆるリスクを避け、新しいコスモスに相対したときの混乱を絶望として捉えていたとしたら、R・Mパワーズのいうように、「レオナルド・ダ・ヴィンチが羊皮紙の上に描いたいくつかのアイデアが、わずか数世紀でコンコルドという現実にまで発展する」ことはなかっただろうし、また、あの「栄光の鳥人」と呼ばれ、「グライダーの父」といわれたオットー・リリエンタールの墜落死・・・。

1896年8月9日、新型の操縦装置を試験中に、15メートルの上空から墜落して脊柱を骨折。翌10日、彼は臨終の床で「犠牲のみが、ただ、歴史をきずく」といい残して、永眠したことも、まずなかったであろう。

— posted by 本郷 at 12:24 am