「もしリンゴが落ちなかったとしたら」という側面も考える

このように、デュアルというのは、一方で非常に深遠な面を有していると同時に、一方ではきわめて当り前な現象としてとらえられている面もある。当り前であるために、デュアルであることが見逃されやすいともいえる。おそらくリンゴがパイナップルのように地面になっていたら、万有引力はわからなかったかもしれない。リンゴがたまたま木から落ちたから、ニュートンのような天才が、これは何事だ、と考え始めたわけで。その落下現象の瞬間を見なければ、リンゴは手でもぎとって食べるものだと思っていたにちがいない。

将来、宇宙船の中で子供が生れ、その子供が長い宇宙旅行を終えて地球に着いたとき、リンゴが落ちるのを見たら、きっとびっくりするだろうと思う。無重力状態にあるところでは、リンゴはぷかぷか浮いているのが当り前だからである。ニュートンが偉大だったところは、日常性の中で宇宙船の住人と同じセンスでものを見ることができたということだ。つまり、みんなが「まだコップの中に水が三分の一も残っている」と見ていたときに、ニュートンは「もう三分の一しか残っていない」と見たわけである。

われわれが、日常性の中で「当り前」だと思っているということは、そこに埋没しているということであって、その埋没から抜け出さない限り、デュアルな考え方はできない。そこに「激動」とか「拡大」が起ったとき、亀裂が生じて、そこでハッと気がつくのである。われわれは、自分たちが重力のある空間に生存しているなどということは、今までほとんど疑ったこともなかったし、自覚もなかった。ところが、スペースシャトルが飛び、宇宙空間の情報がだんだん増えてくるにつれて、逆に重力の存在が際立つようになってきた。

つい先日までは、無重力の空間で何かをしようなどというのは、少なくとも例外的なこととして考えられていたが、最近では、宇宙に工場をつくって、そこで何か新しい研究開発をしようというのが、今や人類の最も中心的な課題になりつつある。これは。いわば天動説から地動説へ変るぐらいの大きな転換だといえる。だからこそ、われわれは改めてニュートンの発見の偉大さを感じるのである。

宇宙時代になると、地上には重力があり、宇宙空間は無重力であるという見方は当り前になる。ところが、宇宙空間へもいかず、おそらく重力圏にどっぷり浸ってそこから一度も出たこともなかったニュートンが、すでに今日のように重力の存在についてデュアルに見ることができたということは、やはり驚嘆すべきことである。われわれは、日常性の中にいて、とかく一面的にしか物事を見られない傾向があるけれども、やはり、デュアルに見る、あるいはデュアルに考える習慣をつけることが、ニュートンの示したように「本質」を洞察するためにはきわめて大切だと思う。

— posted by 本郷 at 01:22 am